フルオレMIX

後から読み返して赤面するために書いています。メイクでブスの悪あがきをしている。

ピアスと金属アレルギー。

この記事は

ピアスに憧れて。 - フルオレMIX

の続きです。

 

専門的な知識がないまま書いているただの実体験ですので参考までに留め、最後はお医者さんの指示を仰いでください。

 

ファーストピアスの素材は「金属アレルギー対応」と書いてあるものにした。

 

というのも、出産時の帝王切開時の縫合は私の産院では糸ではなくホッチキスのような金属で留めていたのだけれど、その穴が荒れたから。

慣れている先生もありゃ?と驚くような荒れ方で、傷口を診にくるたびに「金属アレルギーある?」と聞かれた。その度に「いや、無いと思うんですけど……」と答えるのが日課に。

私は、少なくとも妊娠前まではやっすいネックレスを汗かきながら着けても特にトラブルを感じたことはなかった。しかし実際に今もその時の跡は少し残っている。縫合の跡より目立つかもしれない。転々とあるので。妊娠出産で体質が変わったのか。

 

だから、もしかしたら金属アレルギーを起こしやすくなっているかもしれない、と思って少し高いけれどチタンコーティングのサージカルステンレスのファーストピアスにした。

 

どうも、病院で開ける時はほぼ選択肢なくチタン製のものになるらしい。金属アレルギーは今までなっていなかった人でも、ピアスで発症する確率は高いようだ。そりゃ金属を傷口から体内に送り込んでいるわけで、発症する可能性は高くなるのも納得。病院で開けると、自由診療なのでその病院の価格設定によるがまあまあお高いのだが、チタン製という高級なピアス代がほとんどを占めていそうだ。

 

私のファーストピアスは完全チタン製ではなく、コーティングなところが少し心配なものの(完全チタン製のピアスが装填されたピアッサーが見つけられなかった)ピアスを開けてから1週間、特に問題は起きていない。片耳だけほんのーりとした痒みがあったけれど、これは傷の治りかけの時の痒みじゃないかなと思って様子を見たら、3日ほどのうちにかゆみはなくなった。間違っていなかったようだ。アレルギーだととにかく外すまで痒いと思う。縫合の際の金属は抜くまで1週間ずっと痒かった。

 

傷が治りかけ、ピアス穴ができかけの時に油断すると金属アレルギーが出かねないと聞いたので慎重に、ファーストピアスはまだまだ外さず様子を見るつもりだ。

 

ピアスに憧れて。

ピアス禁止(透明ピアスもダメ)の職場に勤めている。

 

息子との時間も落ち着いてきて、ふと

「あ、ピアス開けよう」

と思ってしまった。

 

普通、ピアス穴を開けている人は「高校卒業」なタイミングで開けて、大学や専門学校に通うなどしている間で社会人になるまでに完成させていることがほとんど。

 

なのに私はなぜか大学に行っている間、あけたいなーという気持ちだけで一向に開けなかった。今考えてもつくづく不思議である。

 

そして、就職して服装規定がある職場についてしまい、高校卒業で開けたというピアス穴完成済みの同僚たちを羨みながらイヤリングで過ごしてきた。

 

イヤリングがあるならイヤリングでいいじゃん、という意見はごもっともである。

ただ、多少いいものを買おうとすると途端にラインナップがなくなる。

あと耳が痛くなる。痛くならないように、緩めにつけると落ちてなくなる。どこかで落としてしまってもう何個もなくした。

 

そして、何より耳に飾りをつけたいのである。

個人的な意見だけれど、耳に何かあると一気に華やぐと思っている。髪をショートにしたので余計に。ファッションがあまりわからないけれど、イヤリングやピアスがついている人は私にはとてもおしゃれで魅力的に見える。

 

話が逸れたが、ピアス穴を安定させるには最低でも1〜2ヵ月、完成にはもっとかかるために仕事をしているとまず難しい。穴を開けてすぐに少しでも外してしまうと塞がってしまうからだ。

 

でも、育休の今ならできる。職場復帰の最短予定日から逆算して……むしろ今、今日か明日には開けておかないと間に合わないのでは?とふも気づく。

 

次の産休がいつになるか、そもそもまた授かるのかすら神様の思し召し。これは逃してはいけないチャンスだ。

 

そう思ってすぐに夫に相談。(一応)

痛そうだから、とすこししぶってはいたもののその日の晩に

「このピアスかわいくない? 穴が開いたら着けてみてよ」

などとネット通販のページを見せてきたので、ちょろかった。

 

病院で開けた方がいいとは思っていたのだが、なかなか子どもを預けてまでピアス穴を開けに行くというのは、自分にとって、なんとも言えない罪悪感で無理だった。

手を洗って、耳たぶをしっかり消毒してから、ピアッサーであけたら大丈夫だよ、と知人の看護師さん(職業柄、説得力ある)に言われて自分で開けることにした。

ただ、おすすめはしません。可能なら病院で開けましょう。絶対病院のほうがいいに決まってます。

 

ピアッサーを準備して、1人で開けた。

タイミングは本当、息子が寝たので「いまだ!」と思ってすぐに開けた。

 

ピアッサーが思っていたより固くて手こずったのと、ほぼやり直し効かないぞ、というプレッシャーで手に汗握ったが、それ以外はスムーズにあっさり終わった。

耳たぶを冷やした方がいい説と冷やさない方がいい説があって、めんどくさかったので冷やさずにそのままやった。その痛みは、私としてはイヤリングをつけっぱなしで耳が痛くなった時の方が痛いと思った。衝撃も注射レベル。私は注射に全く抵抗ないタイプなので参考にはならないかもしれないけれど。

開けた後はじんじん、熱を持つ感覚があったので冷やすとしたらここで冷やせば気持ちいいかもなと思った。このタイミングで息子は起きたし、親戚の子たちが家に遊びにきたので何もしなかったけれど。

 

そして今、ファーストピアス期間。ファーストピアスがちょっと気に入らなかったけれど、これでも耳に何かついてるだけで気分は上がる。

今はまだ傷の段階なので、あまり触らないようにして気長に待つことにしている。

待ちきれずにファーストピアスすぐ外してしまうと、安定が長引いて職場復帰までに完成しないとも限らないので…….ここは我慢のしどころである。

 

次はピアス穴を開けた後のことについて書きたいと思う。

一斉に修理する日。

水道の蛇口からは水漏れし、

電気温水器はお湯を作り出さなくなった。

 

‪お義母さん‬が慌てて各所に携帯で電話して修理を頼む。かたや家の電話が鳴って「先日の玄関のタイルの修理の件ですが……」。

 

そして、全員午後3時にやってきてくれることになった。

 

‪お風呂場と、家の裏と、玄関でそれぞれ作業するのでいいだろうと‪お義母さん‬は言う。

私はなんだか人を招きすぎて落ち着かずはらはらする。

そういう小説の読みすぎだろう、人がたくさん寄せ集められると何か事件が起こりそうな気分になる。

 

幸い、みんな少し早くきたり、少し遅れたりで一堂に会すことはなく、事件も起こらなかったのでよかった。

 

今週は洗濯機も壊れて買い換えるし、いろいろ新陳代謝が起きている週だ。

男か女か。

昨夜はあまり寝られず。

息子はぐうぐう寝ていたので関係なく、わたし自身の問題。

朝が辛かったけれど、コーヒーで乗り切る。

ノンカフェインでも目が覚めるわたし。

プラシーボだと思うのだけれど、まさかこのコーヒーノンカフェインじゃないの?

そういえばこれ、こっちから分かりようがないよね。信じるしか。

 

 

昔は、女性アイドル大好きなのもあいまってか、小さい女の子のかわいさはわかるけど男の子のは別に……というスタンスだった。

だから、お腹の子が男の子ってわかった時は正直ショック。

わたしが男の子かわいいと思えるんだろうか。どうしよう。

 

さて、息子が生まれてみてどうかというと、今は女の子より男の子みて「かわいー!」と思うようになったのである。

よちよち歩いてる男の子、お父さんに抱っこされてる男の子、全部未来の息子に見える。かわいい。反面小さい女の子は最近見た記憶がない。正確には見ても記憶に残っていない。ごめんね。

そのくらい、男の子という生き物にメロメロである。なんと単純なことか。

 

妊娠中の同僚が、「男の子だった……」とがっかりしているのを聞いたのと、何かの拍子にYahoo知恵袋的なところで「男の子だと分かりました、ショックです。愛せる自信がありません」という質問を見かけたので、そんなにレアなケースではないのかなと思って正直に男の子でショックだったことを書いてみました。男女で差をつけるなんて軽蔑されるかもしれませんが……

同僚には、わたしの心境を伝えたけれど、ピンときてなかった。それも含めて、わかるよ……これは産んでみないとわからないよね。

 

今は男の子めちゃかわいい最高。

一歩ずつ成長していく。

息子が「手」を見つけました。

 

これはなんじゃろ?って顔で自分の手をじーっと見つめてる顔はとてもかわいい。

なめてみたり、両手で触り合ったりして形を確かめているようだ。

 

この子はこうやって私たちが当たり前のことを一つ一つこれから覚えていくんだなぁ。

 

でもそのうち私より新しいこと覚えちゃって、教えてもらうことの方が多くなって、

「もー、お母さん、なんでこんなこともわからないの?」

なんて言われちゃう日がくるのかなぁ。

 

ってとこまで妄想して、それってかなり幸せだなぁとしみじみ泣いてしまいました。

 

産後は情緒不安定ですね。

 

予防接種。

息子の予防接種に行ってきました。

 

息子、泣かず。

 

診察で、先生にころんころん転がされる(背中見たりお腹見たりの)時も、ほげーっとした顔でこっちを見ながら転がされてたし、何よりびっくりしたのは注射の時。

両腕にそれぞれ違うワクチンを打ったので、計2回、刺された瞬間だけ「ふぇーん!」「ふぇーん!」と泣くというよりも抗議の声を上げて終了。

泣くのを覚悟で行っていたので、あまりの泣かなさにびっくりです。泣かなすぎで心配なほど。

よその子たちはみんなギャンギャン泣いてたし、なんなら私たちが診察室に入るときに看護師さんが「はーい、じゃあ注射しようね」と言ったら、隣の部屋(パーテーションで区切っただけ)の小学生くらいの男の子が「えっ!!注射するの?!?!」と自分の腕を押さえて震え上がってたのに。君じゃないよー。

息子は隣の子が泣き叫んでいようとも全く気にせずにほげほげしながら抱っこされていました。

 

小さい頃の私もほぼ泣かなかったとよく母が言っていたので、やっぱりこの子の中身は私そっくりなのかなと面白かったです。

 

ぷにぷにのちっちゃな腕に針刺されるのはなんだかかわいそうでこっちの方が泣きそうでした。

予防接種ってめっちゃあるのね……。これからしばらく通うことになります。これ、仕事してる人は大変だ……

 

小児科は夫が幼い頃通ったところに行ってみました。

‪お義母さん‬も付いてきてくれてたのですが、‪顔見ただけで先生も看護師さんも覚えててくれてたのがすごいなと。私の方の苗字になっているのに、顔見ただけで名前もしっかり。

先生は「あれ、お子さん3人いたかな?」とまで言っていたので、男2人の兄弟ってことまで覚えていた。(苗字が違うので私のことを診たことはない娘と思ったみたい)

それで信用度アップ。笑

 

乳児湿疹の薬を出してくれて、それを塗ったらみるみる治りました。こんなちゅるちゅるのお肌だったのね!!と頬ずりしています。つやつやのぷるぷるになりました。

口コミで「乳児湿疹、先生に診てもらった薬塗ったらすぐ治りました」とあったのはほんとだったなと。

 

そんなこんなで初小児科は難なく終わりました。

痛みとか覚えたらまた恐怖という感情が育つのかな? 今はぽけーっとしてるからかわいいものです。