フルオレMIX

後から読み返して赤面するために書いています。メイクでブスの悪あがきをしている。

一歩ずつ成長していく。

息子が「手」を見つけました。

 

これはなんじゃろ?って顔で自分の手をじーっと見つめてる顔はとてもかわいい。

なめてみたり、両手で触り合ったりして形を確かめているようだ。

 

この子はこうやって私たちが当たり前のことを一つ一つこれから覚えていくんだなぁ。

 

でもそのうち私より新しいこと覚えちゃって、教えてもらうことの方が多くなって、

「もー、お母さん、なんでこんなこともわからないの?」

なんて言われちゃう日がくるのかなぁ。

 

ってとこまで妄想して、それってかなり幸せだなぁとしみじみ泣いてしまいました。

 

産後は情緒不安定ですね。

 

予防接種。

息子の予防接種に行ってきました。

 

息子、泣かず。

 

診察で、先生にころんころん転がされる(背中見たりお腹見たりの)時も、ほげーっとした顔でこっちを見ながら転がされてたし、何よりびっくりしたのは注射の時。

両腕にそれぞれ違うワクチンを打ったので、計2回、刺された瞬間だけ「ふぇーん!」「ふぇーん!」と泣くというよりも抗議の声を上げて終了。

泣くのを覚悟で行っていたので、あまりの泣かなさにびっくりです。泣かなすぎで心配なほど。

よその子たちはみんなギャンギャン泣いてたし、なんなら私たちが診察室に入るときに看護師さんが「はーい、じゃあ注射しようね」と言ったら、隣の部屋(パーテーションで区切っただけ)の小学生くらいの男の子が「えっ!!注射するの?!?!」と自分の腕を押さえて震え上がってたのに。君じゃないよー。

息子は隣の子が泣き叫んでいようとも全く気にせずにほげほげしながら抱っこされていました。

 

小さい頃の私もほぼ泣かなかったとよく母が言っていたので、やっぱりこの子の中身は私そっくりなのかなと面白かったです。

 

ぷにぷにのちっちゃな腕に針刺されるのはなんだかかわいそうでこっちの方が泣きそうでした。

予防接種ってめっちゃあるのね……。これからしばらく通うことになります。これ、仕事してる人は大変だ……

 

小児科は夫が幼い頃通ったところに行ってみました。

‪お義母さん‬も付いてきてくれてたのですが、‪顔見ただけで先生も看護師さんも覚えててくれてたのがすごいなと。私の方の苗字になっているのに、顔見ただけで名前もしっかり。

先生は「あれ、お子さん3人いたかな?」とまで言っていたので、男2人の兄弟ってことまで覚えていた。(苗字が違うので私のことを診たことはない娘と思ったみたい)

それで信用度アップ。笑

 

乳児湿疹の薬を出してくれて、それを塗ったらみるみる治りました。こんなちゅるちゅるのお肌だったのね!!と頬ずりしています。つやつやのぷるぷるになりました。

口コミで「乳児湿疹、先生に診てもらった薬塗ったらすぐ治りました」とあったのはほんとだったなと。

 

そんなこんなで初小児科は難なく終わりました。

痛みとか覚えたらまた恐怖という感情が育つのかな? 今はぽけーっとしてるからかわいいものです。

毎日メイクを語るラジオ。

置いたら泣く息子を抱っこしたまま暇だったので、ラジオ更新しました。

 

https://radiotalk.jp/talk/204065

 

1回目時間オーバーしたので、ちょっと早口で再録。聞きづらかったらすみません。

毎日使う化粧品を紹介してみました。やりたかった!

保健師さん訪問

市役所から保健師さんが訪問に来てくれました。

 

「出産はどうでしたか?」

って話聞いてくれて、

「そうかぁ、じゃあお母さんは頑張ってこの子を産んだんですね。とってもかわいく育ってますよ」

って言われて泣くかと思いました。

 

子育てしてるお母さんはみんなこれが聞きたいよね。どんな安産中の安産のお母さんでも頑張って十月お腹で育てて一生懸命産んで、産後ヘトヘトの身体で赤ちゃんの世話して来たのは間違いないから。

 

病院に行った方がいいのかな、と不安に思っていたこと全部聞いてくれてアドバイスくれてありがたかったです。

 

子ども産む前は

「こんな事業もしてるんだ、でも私は要らないかなー」

とか思ってたんですけど、めっちゃめちゃ有難いサービスでした。

有難すぎて「みなさま税金納めてくれてありがとうございます!!」って叫んでまわりたいくらいですね。

 

そろそろ予防接種に行かなくちゃね。

雪椿

自分なりの人生の節目に万年筆を買うことにしようと思っていて

今回の出産でまた一本、記念に買いました。

 

普通は出産が無事に終わってから買うべきだけど、増税前に買っちゃいたかったのと出産後バタバタするだろうからと思って安産祈願?ということで。どういうことや。

 

今まで持っていたのはパイロットだけれど、今度はセーラー万年筆

四季織というシリーズの「雪椿」にしました。

カリカリ具合がお気に入りです。

パイロットより好みかも……パイロットはヌラヌラしてたので線が太くなりがちだったので。

 

白いボディに、赤いラメが入っていて小ぶり。

雪面に赤い椿の花びらが散っている様子をイメージしているのかな。

眺めるだけで楽しくなる可愛らしさです。

 

この万年筆で、息子の出生届も書きました。

思い出の一本となりますよう。大切にします。

 

出生届、写真撮り忘れた!!

無事に退院。

退院の前に母子手帳に先生からのどんな出産だったのかの診断を記入してもらったのだけれど

いろいろと書かれててちょっと笑っちゃった。

 

もしかして、わたし、難産……?

(よく見かける『息を呑んでいる女の人のフリー素材の写真』)

 

でもお産はフルコースで全部経験できたみたいなのでお得。

次があっても、問答無用で帝王切開だしね。

強烈な陣痛からいきみのとこまではやったし。うりゃっと下から産むことができなかったのだけ残念。噂によるとめちゃめちゃ快感だそうじゃないか。痛くて辛いのだけ全部味わっといた。

 

お腹の傷は綺麗に塞がった。

あとは先生が、とにかく跡(ケロイド)にならないための処置を考えてくれてありがたいです。

よく聞く、パンツのラインに隠れるように横切りするという術もあるけれど同じ時期に帝王切開になったママさんが「わたし別の病院で前回横切りでしたけど、その時のやつ結局跡になってるから裸になるとテンション下がる。ここの先生がする縦切りの方がよっぽど綺麗ですよ」と言ってた。なるほど、先生のあとにならないようにと施していく処置が丁寧なので納得。

跡はそこまで気にしてはいないつもりだけど、でもないに越したことないもんな。温泉とか行くとき気になっちゃうかもだし。

 

退院の時に、産まれた時の写真と足型をプレゼントしてくれた。

産まれて産湯に入ってすぐのギャン泣き中の写真だからかわいくないけど、でもオギャー!って泣きながら産まれてきてくれた時のこと思い出して泣けた。ほんとうに嬉しかったから。

 

母は当時少し珍しい病気で、出産して母子ともに生き残るのは5050かな、産まれた子も20歳まで生きるかな?なんて言われていた私ですけど、めちゃくちゃ元気に生きて、そしてさらに子供を産むことができた。

あの時にこの先わかんないなーと言ってた先生たちに「ほらほら!」と見せてやりたいな。全然関係なかったみたいよ!と。

母自体はやっぱり長生きはできなくて今回赤ちゃんを見せてあげるのは間に合わなかったけれど、でもあなたが一生懸命病気と闘った人生は次に繋がりましたよ、と墓前に報告したい。

あとはこの命、なんとか大きく育てなきゃ。

 

最後一週間にして

「一か月検診で大体このくらいの大きさかな」

と言われるほどの体格の良さを見せているのだけれど、この子はほんとお腹の中でのんびり大きくなってから出てきたんだなー。お腹の中の一日は外の何日分にも匹敵するらしいから。できるだけお腹の中で育ててあげてね、と指導があったので、「よしそうしてあげよう」と思って、いろいろ大事にしてたらこんなことに。

 

あまりのでかさになんか笑っちゃうけど、うん、いいこといいこと。

 

小さな診療所で出産したけれど、それでもここだけでも毎日のようにお産が始まって新しい赤ちゃんが生まれていく。それをこの一週間眺められて楽しかった。小さい命はみんなかわいい。

 

産婦人科の先生、看護師さん、助産師さんはいろいろ大変だろうけど産まれてくる命をたくさん助けていて本当にいいなと思った。

 

小学生みたいな感想をもって、終わります。

少し慣れた君と。

だいぶお乳飲ませるやり方わかってきた!

片手でヒョイっとできるように。私も上手くなったし、子も上手く吸えるようになった。

 

新生児のふにゃふにゃな身体を扱うのに怯えていたけれど、よく考えたらうちの子体格いいのでそんなにふにゃふにゃしておらず、割と雑に扱っても大丈夫そう。そう思ったら扱えるようになりました。

げっぷさせようと、縦抱きに持ち替えた時に首がぐらんっとなって顔が私の胸にごちんと当たったりもした。

「ぎゃ、大丈夫?」

と覗き込んだら酔っ払いのおっさんみたいな顔して

「今のは何が起こったんですかねぇ?」

と言わんばかりに目をゆっくりしばしばさせているだけだったので割と雑でもいけるなと確信。(ダメです)

 

あとはミルクをびっくりするくらいの量、一回にぐびぐび飲んでそして看護師さんが

「ちょっとさすがにそろそろ起こしましょうか」

というくらいの時間、寝続ける。

4〜5時間寝るのって普通に大人の睡眠時間やん。ウンチとオシッコも無視して寝ます。

 

ほんとにこの子、新生児……? 

 

という私が赤ちゃんの頃このタイプで母親に「育てやすかった〜」と言われていたので、そこが似てくれてたらいいな。

 

授乳室で一緒になった私より数日後にお母さんになった方が、

「すごい、慣れてますねえ」

と話しかけてくれた。

そして、

「いやいや、私初産ですよ!」

「えっ、私もなんです!!」

「産んだのが数日早いだけですから。なんかやってたら慣れましたよ」

「ほんとですか、頑張ろ〜」

という会話をした。

 

ちょっと前の私が別のお母さんにいろいろ教えてもらったみたいに、次のお母さんの希望になれてたら嬉しい。